読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
join the にほんブログ村 小説ブログへ follow us in feedly

『町長選挙』奥田英郎著

本読みました。

『町長選挙』奥田英郎著

f:id:zizamo2193:20161027204238j:plain

 

以下感想です。

■概要

■オーナー

■町長選挙

--まとめ--

 


■概要

この作品は、破天荒な精神科医「伊良部」が、既存の常識や社会通念にとらわれない治療法と生き様で、ストレスフルな現代社会で心を病んだ患者たちを治療していくシリーズ物です。伊良部の気取らない天然物の破天荒振りが小気味良く笑いを誘い、そんな伊良部と接するうちに大切なものを思い出したり恐怖心が剥がれ落ちたりする患者の心の変化に涙する、笑いあり感動ありの好短編です。

 

  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆


■オーナー

『オーナー』は死の恐怖からパニック障害を発祥した大企業のトップ「満雄」が、伊良部と接するうちに、強迫観念的に仕事をしていたことに気づかされ、第一線を退くことでパニック障害を克服する話です。満雄は歯に衣着せぬ物言いでメディア上ではヒールとして通っており、毎日がマスコミとの戦いで、自宅前の取材陣を騎馬戦の騎馬で切り抜けたり、失礼な記者相手に怒鳴り散らしたりと、作品全体を通してドタバタな喜劇のようなテイストです。伊良部の運転するオープンカーで首都高をカーチェイスするというドタバタの極みのさなか、満雄は仕事への脅迫的な情熱の源泉が、日本という国の発展に取り残されてしまう焦燥感や寂寥感であったことを悟る回想とともに悟ります。唐突に差し込まれる回想がまるでアップテンポなポップスに突如現れるバラードアレンジのサビのようで、攻撃的な性格だった満雄のしみじみとした語りも相まって、満雄の寂寥感が巧みに表現されています。そのシーンから二つ引用です。


満雄はぼんやりと思った。色とりどりのネオン。車の赤いテールランプ。ライトアップされたレインボーブリッジ。東京は、毎日が光のオンパレードだ。ふと我に返った。これは未来ではないだろうか―――。昔想像した、科学の都市なのではないか―――。
年寄りの出る幕は、とうの昔になくなっている。この街はどうだ。戦後とは別の種類の、新しいエネルギーに溢れている。すべてが代替わりしたのだ。わかってる。わかってるがな―――。

この後満雄は強迫観念に突き動かされて働くことをやめ、自虐的な意味もこめて生前葬を行うのですが、そこで宿敵・泉田に暖かい弔辞を読まれ、弔問客たちも寛いで長く帰りたがらず、また新聞社の若手から勉強会の講師をお願いされます。満雄が思っていた寂しさは実は満雄が思い込んでいただけで、本当は満雄は孤独ではなかったのです。こだわりを捨てたときに身近にあった大切なものが見つかる様が満雄の心情の吐露という形で暖かく描かれ、作品の結びとなっています。若手から勉強会の講師をお願いされる、結びのシーンから引用です。


若者たちを従え玄関をくぐった。やれやれ、まだ暇になれんのか―――。口の中でつぶやいたが、少しだけ頬がゆるんでいた。

  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆


■町長選挙

短編集の表題にもなっているこの『町長選挙』は、中央の市役所から離島の市役所に出向になった若者「良平」が、最初は不正行為のはびこる離島の政治を嫌悪し拒絶しますが、事情を知った後に、中央のものさしでは悪である不正行為も、変わった形の島への愛であると気付く話です。ほかの作品と違って、この作品は主人公の心情ではなく『不正行為が島への愛である』という離島の在り方がテーマだと思います。島の生活を守りたいという信念があって、そのためにあえて不正行為に手を染める島の男たちの覚悟に心打たれます。島の男がその覚悟を淡々と語るシーンから引用です。


「…正義感だけで離党は運営できん。不正は正当防衛じゃ。生まれた時から当然のように病院や学校がある東京者にはわからん」良平は黙った。頭がすうっと冷えていく。「わしらは全員、島を愛しとる。そのうえで戦うんじゃ」最後にぽつりと言った。両陣営の男たちがうなずく。敵同士なのに、この瞬間だけ心を一つにしていた。

この後賄賂の応酬で収拾がつかなくなった陣営は、伝統の棒倒し大会で決着をつけることになります。棒倒し大会は島の現町長派、対立候補派両陣営が運営競技共に渾然一体となって行われる混沌とした、生命力あふれる祝祭として描かれていて、島民が独特の方法で島への愛を発露させている様が生き生きと伝わってきます。大会の厳粛な開会式を目の当たりにした良平が島への認識を改めるシーンから引用です。


良平は胸が熱くなった。どちらが勝とうとも、この島は大丈夫だと確信した。利害は対立しても、みんなが島を愛している―――。

形は違っていても本質は普遍的な郷土愛が確かに息づく様に心温まる、素晴らしい作品です。

 

  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆

 

--まとめ--

 

様々な悩みを持った患者を自由な伊良部が型にとらわれない方法で治療していく様に元気がもらえる素晴らしい作品だと思います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

町長選挙 [ 奥田英朗 ]
価格:561円(税込、送料無料) (2016/10/27時点)