join the にほんブログ村 小説ブログへ follow us in feedly

『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦著

本読みました。 『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦著 以下感想です。 ■あらすじ ■混沌 ■意中の人を追うシチュエーション ■追い求めるということ --『夜は短し歩けよ乙女』まとめ--

『凍りのくじら』辻村深月著

本読みました。 『凍りのくじら』辻村深月著 以下感想です。 ■あらすじ ■理帆子というキャラクター ■スコシナントカという遊び

『臨場』

映画観ました。 『臨場』 以下感想です。 ■悪役に対する嫌悪感 ■自由主義の法治国家日本における秩序の在り方 ■嫌悪感の原因 --『臨場』まとめ-- ■関連する作品

永遠について_2/2

上記考察しました。(2/2) 前記事↓ zizamo2193.hatenablog.com 構成は以下の通りです。 ■きっかけ ■永遠の命 ■有限の時間 --永遠について・まとめ--

永遠について_1/2

上記考察しました。(1/2) 構成は以下の通りです。 ■きっかけ ■永遠の命 ■有限の時間 --永遠について・まとめ--

『O・ヘンリ短編集(一)~(三)』O・ヘンリ著 感想

本読みました。 『O・ヘンリ短編集(一)~(三)』O・ヘンリ著 以下感想です。 ■概要 ■アラカルトの春 ■賢者の贈り物 ■失われた混合酒 --『O・ヘンリ短編集(一)~(三)』まとめ--

『小さいことにくよくよするな!』リチャード・カールトン著 感想

本読みました。 『小さいことにくよくよするな!』リチャード・カールトン著 以下感想です。 ■あらすじ・概要 ■人生の目的は、すべてをやりとげることではない ■気分をコントロールする ■戦うなら賢く ■自慢に走ると、成功を自分で喜べなくなる --『小さいこ…

『きことわ』朝吹真理子著 感想

本読みました。 『きことわ』朝吹真理子著 以下感想です。 ■あらすじ ■作品のテーマ ■絡み合う髪の描写 ■短い夢の描写 --『きことわ』まとめ--

『清兵衛と瓢箪・網走まで』志賀直哉著 より『濁った頭』 感想

本読みました。 『清兵衛と瓢箪・網走まで』志賀直哉著 より『濁った頭』 以下感想です。 ■あらすじ ■作者の精神状況 ■金魚の描写 ■崖を登る描写 --『濁った頭』まとめ--

けいおん!!『またまた学園祭!』『卒業式!』 感想

アニメみました。 けいおん!!『またまた学園祭!』『卒業式!』 以下感想です。 ■『またまた学園祭!』あらすじ ■『卒業式!』あらすじ --けいおん!!『またまた学園祭!』『卒業式!』まとめ-- ■二つの回のつながり

けいおん!シリーズより『軽音!』 感想

アニメみました。 けいおん!シリーズより『軽音!』 以下感想です。 ■あらすじ ■みどころ --『軽音』まとめ-- ■本作のシリーズとしての意図

けいおん!!より『残暑見舞い!』 感想

アニメ観ました。 けいおん!!より『残暑見舞い!』 以下感想です。 ■あらすじ ■夢1 ■夢2 ■夢3 ■夢4 ■夏祭りと花火のシーン --『残暑見舞い!』まとめ--

けいおん1期より 『冬の日!』 感想

アニメ観みました。 けいおん1期より 『冬の日!』 以下感想です。 ■あらすじ ■ストーリーのポイント ■主人公「唯」の存在感 --『冬の日!』まとめ--

蒐集癖について

上記考察しました。 構成は以下の通りです。 ■蒐集家の知人 ■ビール瓶の蓋の話 --「蒐集癖について」考察-- - 蒐集とは何か - 本の帯について - 蒐集家になれない - 自信の行く末

『遠まわりする雛』米澤穂信著 感想

本読みました。 『遠まわりする雛』米澤穂信著 以下感想です。(本作は古典部シリーズの世界観を舞台にした短編集ですが、その中の短編の一つであり、表題にもなっている「遠まわりする雛」のみに言及します) ■神秘性の演出 ■省エネ主義の危機 ■想像オチ --…

『剃刀』志賀直哉著 感想

本読みました。 『清兵衛と瓢箪・網走まで』志賀直哉著 より『剃刀』 以下、下記サイトの開設を参考に、解釈をまとめました。 志賀直哉の初期作品の表現論的考察 ■あらすじ ■解釈_1_紅野謙介(1989) ■解釈_2_荒井均(2002) ■解釈_3_亀井千明(2003) --『…

『クドリャフカの順番』米澤穂信著 感想(2/2)

本読みました。 本記事は前の記事の続きです。前記事↓ 『クドリャフカの順番』米澤穂信著(1/2) - H * O * N 『クドリャフカの順番』米澤穂信著(2/2) 以下感想です。 ■本作のテーマ ■福部里志の期待 ■大河内先輩の期待 ■田名辺治朗の期待 --『クドリャフカの…

『クドリャフカの順番』米澤穂信著 感想(1/2)

本読みました。 『クドリャフカの順番』米澤穂信著(1/2) 以下感想です。 ■本作のテーマ ■福部里志の期待 ■大河内先輩の期待 ■田名辺治朗の期待 --『クドリャフカの順番』まとめ--

『堕落論』坂口安吾著 感想

本読みました。 『堕落論』坂口安吾著 以下感想です。 ■救い ■アンチ形式主義 ■自分だけのもの --『堕落論』まとめ(三行で)--

犯罪者の母

今回は趣向を変えまして、くだけた感じで記事を書いてみました。適当に読み飛ばしながらお付き合いくだされば幸いです。 ■こないだ読んだ2ちゃんまとめ ふよふよ速報さんの記事(下記)を読みました。 自宅に帰ったら嫁と実の兄が合体してた。嫁と兄から鬼の…

『愚者のエンドロール』米澤穂信著 感想

本読みました。 『愚者のエンドロール』米澤穂信著 以下感想です。 ■折木の、自身の才能に対する客観的了解 ■入須によるアジテーション ■折木の失敗 --『愚者のエンドロール』まとめ・本作の主題--

『氷菓』米澤穂信著 感想

本読みました。 『氷菓』米澤穂信著 以下感想です。 ■灰色の折木 ■薔薇色に殉じた関谷純 ■折木の自己肯定 --『氷菓』まとめ--

名づけという行為について

■前記事↓ キラキラネームについて - H * O * N 前記事で、キラキラネームの違和感の本体が名づけるという行為の業であるとわかったので、名づけという行為についてさらに考えてみます。 ■名づけに関する一般的な認識 親が子に名づける場合、親の価値観におい…

キラキラネームについて

■あらすじ 登場当初は一過性のブームに終わるかと思われていたキラキラネームですが、なかなか沈静化の兆しを見せないようです。ネットではあまりに難解な名前や、珍しい意味を持たせた名前を笑い話として取り上げたり(1)、親類縁者が自身の子供にキラキ…

『モンスターズ・ユニバーシティ』 感想

映画観ました。 『モンスターズ・ユニバーシティ』 以下感想です。 ■あらすじ ■幼い頃の夢 ■学生証の写真 ■お前は本物の怖がらせ屋にはなれない --『モンスターズ・ユニバーシティ』まとめ--

『ふたりの距離の概算』米澤穂信著

本読みました。 『ふたりの距離の概算』米澤穂信著 以下感想です。 ■あらすじ ■みどころ ■5月快晴昼下がりの逍遥というシチュエーション ■ボーイッシュ褐色後輩というキャラクター --『ふたりの距離の概算』まとめ--

『イン・ザ・プール』奥田英朗著

本読みました。 『イン・ザ・プール』奥田英朗著 以下感想です。 ■あらすじ ■コンパニオン ■フレンズ --『イン・ザ・プール』まとめ--

スペースワールド魚氷漬け事件について

■あらすじ 掲題の事件が最近あったとききました。事件のあらすじを三行で言うと、 スペースワールド(テーマパーク)が魚を氷漬けにしたスケートリンクを作る ネット民からキモいと批判殺到 キタキュウマン(ご当地ヒーロー)の「昆虫標本と本質的に同じ」発…

『短編工場』集英社文庫編集部編(2/2)

本読みました。 『短編工場』集英社文庫編集部編 前記事の続きです。前記事↓ 『短編工場』集英社文庫編集部編(1/2) - H * O * N 以下感想です。(2/2) ■全体 ■あらすじ ■ここが青山_奥田英朗 ■ふたりの名前_石田衣良 ■しんちゃんの自転車_萩原浩 ■川崎船_…

『短編工場』集英社文庫編集部編(1/2)

本読みました。 『短編工場』集英社文庫編集部編 以下感想です。(1/2) ■全体 ■あらすじ ■ここが青山_奥田英朗 ■ふたりの名前_石田衣良 ■しんちゃんの自転車_萩原浩 ■川崎船_熊谷達也 --『短編工場』まとめ--

『the TEAM』井上夢人著

本読みました。 『the TEAM』井上夢人著 以下感想です。 ■あらすじ ■チームワークの美というジャンル ■矛盾 --『the TEAM』まとめ--

【考察】肌断食という方法論に見る「信仰」

■肌断食という方法論に見る「信仰」 肌荒れに悩んでいた友人が、「肌断食」というメソッドで肌荒れを解決したという話を聞きました。この肌断食というのは、肌にはもともと正常な状態に戻ろうとする自浄作用のようなものがあって、「あえて」最先端の保湿ク…

『光』三浦しをん著

本読みました。 『光』三浦しをん著 以下感想です。 ■あらすじ ■信之の精神状態 - 津波の地獄を本当の意味で忘れることができない - 暴力と理不尽に対する強烈な明晰さ - 「暴力」そのものであるということ --『光』まとめ--

『喪男【モダン】の哲学史』本田透著

本読みました。 『喪男【モダン】の哲学史』著本田透 以下感想です。 ■喪男とは何か ■哲学はドグマ化する ■二次元こそ真実 --『喪男【モダン】の哲学史』まとめ--

『地下街の雨』宮部みゆき著

本読みました。 『地下街の雨』宮部みゆき著 以下感想です。 ■あらすじ ■決して見えない ■ムクロバラ --『地下街の雨』まとめ--

『町長選挙』奥田英郎著

本読みました。 『町長選挙』奥田英郎著 以下感想です。 ■概要 ■オーナー ■町長選挙 --まとめ--

【対談】『童貞・処女について_2』

前記事↓ 【対談】『童貞・処女について』 - H * O * N 対談しました。 『童貞・処女について_2』 -童貞処女はなぜハードルが高いのか- 対談しているのはこの二人です↓ 管理人 ・・・ ● Sさん(知り合い) ・・・ ○ 目次は下記の通りです。 ■童貞処女は異性に…

『東京夜話』いしいしんじ著

本読みました。 『東京夜話』いしいしんじ著 以下感想です。 ■あらすじ ■クロマグロとシロザケ ■うつぼかずらの夜 ■天使はジェット気流に乗って ■二月二十日、産卵。 --まとめ--

『ホテルローヤル』桜木紫乃著

本読みました。 『ホテルローヤル』桜木紫乃著 以下感想です。 ■あらすじ ■「バブルバス」 ■「えっち屋」 --まとめ--

『狭小邸宅』新庄耕著

本読みました。 『狭小邸宅』新庄耕著 目次は下記の通りです。 ■あらすじ ■見所1 - 会社にあわせるという闇 ■見所2 - 一瞬のサクセスストーリー ■見所3 - サラリーマンの夢を売る仕事という闇 --まとめ--

■□■□■□ごあいさつ■□■□■□

はじめまして。管理人のじざもと申します。サイトの内容を紹介します。

『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか』

本読みました。 『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか』小暮太一著 目次は下記の通りです。 ■給料の決まり方 ■会社の利益の出し方 ■正しい働き方 - 仕事に興味を持つ - 資産を作る仕事をする --まとめ--

『きらめく星座』

舞台見ました。 『きらめく星座』原作:井上ひさし 戦時中、貧しい暮らしの中でたくましく生きる人々の愛すべき暮らしを描き、それと対比させて戦争のむごたらしさを主張する作品です。 以下感想です。 ■源次郎 - 幻肢痛 - 源次郎を配すことの主張 ■喜ぶとい…

『「自分らしさ」を出せる人出せない人』(他人との付き合い方編)

前の続きです。読んだ本↓ 『「自分らしさ」を出せる人出せない人』鴨下一郎著 目次は下記の通りです。 ■他人との付き合い方 - 他人が○○をしてくれない - 他人にやってもらうのは楽ではない - やらされていると、被害者意識を持ってしまう --まとめ--

『「自分らしさ」を出せる人出せない人』

本読みました。 『「自分らしさ」を出せる人出せない人』鴨下一郎著 目次は下記の通りです。 ■間違った思い込み - 誰からも嫌われてはいけない → 人に嫌われてもいい - バカにされないように行動する → バカにされてもいい - 予定通り完了させなくてはならな…

『「勉強しろ」と言わずに子供を勉強させる法』小林公夫著

本読みました。 『「勉強しろ」と言わずに子供を勉強させる法』 目次は下記の通りです。 ■できる保護者 - 子供の興味を肯定する - はしごを取り除かない - 率直な態度で子供と会話する ■子供の資質 - 能動的 - 継続力 - 論理性 --まとめ--

【対談】『童貞・処女について』

対談しました。 『童貞・処女について』 対談しているのはこの二人です↓ 管理人 ・・・ ● Sさん(知り合い) ・・・ ○ 目次は下記の通りです。 ■童貞・処女の現状 ■ちょっとむかつくという感情 ■救い --まとめ--

『阿Q正伝』魯迅著 より『故郷』

本読みました。 『阿Q正伝』魯迅著 より『故郷』 以下感想です。 ■あらすじ ■本作における故郷とは ■故郷との別れ ■希望 --まとめ--

『阿Q正伝』魯迅著 より『孔乙己』

本読みました。 『阿Q正伝』魯迅著 より『孔乙己』 以下感想です。 ■あらすじ ■時代的背景 ■孔乙己なるキャラクターの描写 ■孔乙己と周囲の人間の関わり --『孔乙己』まとめ--

『日本のいちばん長い日』

映画観ました(だいぶ前に)。 『日本のいちばん長い日』 目次は下記の通りです。 ■美しい負け方 - 美しい負け方_その一 - 美しい負け方_その二 --まとめ-- ■美しい負け方 敗色濃厚である第二次世界大戦末期のどん詰まりの状況を、その閉塞感に焦点をあえて…